トップ

賃貸の連帯保証人とは

賃貸住宅を借りる場合

住宅

賃貸住宅の保証人を考える

賃貸住宅を借りる場合に契約書を取り交わします。このとき賃借人が未成年者や高齢者の場合に、保証人や連帯保証人をつけてほしいと言われる場合があります。この連帯の付くのと付かないのでは、どの様な違いがあるのでしょうか。賃貸の場合は様々な事情で契約を解除して、出ていく事になる場合があります。また賃借人が行方不明になったり、家賃を滞納したりする場合があります。保証人の場合は賃借人の負債を、ある一定限度までの責任を負わなくてはなりません。それが連帯保証人になると、賃借人本人と同等の責任を負わなくてはならなくなります。これらの責任の範囲が違ってくるので、注意しなくてはなりません。

住宅を借りる時の保証人

賃貸でアパートやマンションなどの住宅を借りる時には保証人が必要になることがあることはご存知でしょうか。似た名称で連帯保証人というものもありますが、2つにはいくつかの違いがありますのでご説明します。名称が紛らわしいのですが、連帯保証人は住宅を賃貸した人本人と連帯しています。他の保証人同士で連帯しているわけではありませんので、その責任はかなり重いものがあります。貸した人から返済を求められた時にも拒否できませんし、1人ですべての金額を支払うハメになることもあります。その責任は民法に規定されていますので、勉強するか、詳しい人に教えてもらったほうがいいでしょう。

↑PAGE TOP